通信制高校の学費は二通り

一般的な高校とは異なる独自のカリキュラムで学べるところが注目されている

一般的な高校とは異なる独自のカリキュラムで学べるところが注目されている / 通信制で学びたい理由がある場合に、学費の安さは大きなメリット / 経済的に無理という場合を除いては私立高校を選ぶのがベスト

一般的には義務教育である小学校と中学校での勉強を終えたら、大半の子どもが高校へと進学します。
進学先もほとんどが全日制と呼ばれる朝から夕方まで週に5日間から6日間通うタイプの学校です。
それにひきかえ、近年は中学校で不登校になるなど何らかの理由で全日制の高校に進むことに恐怖を感じる子どもが少なくありません。
そんな子どもたちそれぞれに合った学び方ができるとして、人気の高いのが通信制高校で、正式には高等学校通信教育と言い、全日制の一般的な高校とは異なる独自のカリキュラムで学べるところが注目されている理由です。
通信制高校も全日制の高校と同様に公立と私立の2つがあり、どちらを選ぶかによって学費は変わってきます。
これまた全日制の高等学校と同じく、公立の方が私立よりも学費が安いのが特徴ですので、少しでも費用を抑えたいのであれば公立という選択肢になります。
公立と私立で比較すると、まず入学金は前者が500円とかなりやすいのに対して、後者は2〜5万円が必要です。
年間の授業料も単位当たり300円で年間にすると1〜3万円の公立に対して、私立は単位当たりが6000円、年間の授業料は18万円以上にもなるということで、学費の差はかなり大きくなってくるのが特徴です。
そのほかで学校生活において必要となる費用は、どちらも年間で3万円程度とほとんど変わらない点は、通信制高校ならではの特徴と言えるかもしれません。
同じ通信制というスタイルで学ぶにしても、入学金を筆頭に年間の学費にこれだけの差が開いてくるとなると、3年間通学した場合の差額は50万円近くになってくることから、なぜ通信制高校を選ぶのかをはっきりさせることも大事と言えそうです。

アメブロを更新しました。

『インターン生、実習生の受け入れを始めました。
#フリースクール  #不登校  #教育 #居場所  #大阪  #吹田  #FREEDABAL #通信制高校  #高校中退  #親の会 #フリースクールここ #NPO法人ここ #不登校さんと繋がりたい
https://t.co/hPPdf5tmmC

— NPO法人ここ (@npo_koko) 2020年1月19日

通信制高校#通信制高校 hashtag on Twitter