通信制高校の学費は二通り

通信制で学びたい理由がある場合に、学費の安さは大きなメリット

ただし、全日制の私学高校に入学するとなれば授業料はもっと高くなりますので、あえて通信制の私学で学ぶという選択肢をとるのであれば、経済的負担は軽減されると考えられます。
全日制の公立高校は、現在は法律の変更によって無償化されていますので、通信制高校の私学よりも安いとはいえ授業料の負担があることを考えると、逆に経済的にはデメリットとなっています。
それでも通信制で学びたい理由がある場合に、学費の安さは大きなメリットとなるでしょう。
ただ、この授業料の無償化が成立したことによって、通信制でも国に申請すると支援金がもらえる、高等学校等就学支援金という制度が存在します。
世帯の年収がいくらかにもよりますが、経済的な困窮から通信制の公立を選択する場合には無料になる可能性がありますし、私学を選んだ場合にも授業料が年間でおよそ12万円程度減額されるとあって、世帯年収を考えながら、どちらにするかを考えるという選択肢があることを知っておくと、より設備の充実した学校を選ぶことが可能になります。
全日制の高校でも導入している奨学金制度や、成績がよい場合には特待生で入学できるところも多くありますので、学校が用意している制度に何があるかを事前に調べて、特待生になれそうだという場合や奨学金制度の利用で、もっと充実した高校生活になるかもしれないと思えた場合には、積極的に利用するしかないでしょう。

一般的な高校とは異なる独自のカリキュラムで学べるところが注目されている / 通信制で学びたい理由がある場合に、学費の安さは大きなメリット / 経済的に無理という場合を除いては私立高校を選ぶのがベスト